カニ獲りに出かけたけれど

新しいカニ釣り場を探そうと、釣り人から、キス釣りやアイナメ釣りの仕掛けに、ワタリガニがかかるという場所を聞きつけて、行ってみました。
到着は午後11時過ぎ、少々の雨風はよくあることなのですが、当夜は台風15号の影響からか、人影はなく海はシケて、防波堤に立つ私の背中を後ろから、横なぐりの雨と強い風が押しました。翌日の朝刊に載ってはまずかろうと、1時間ほどでカニ釣りをあきらめてカニ用の餌を捨て撤収ました。これで帰ろうかと思いましたが、残った魚釣り用のエサがもったいなく、せっかく海へ出掛けてきたし、他の釣り場はどうかという欲張りな根性が出て、慣れた釣り場へ向かいました。そこでも強風に押されて、その夜の釣りを再びあきらめかけましたが、もうひとつ見てみようと、安全な足場で浅い海の釣り場へ向かいました。やはりここも人影なくひっそりとしていましたが、やっぱり魚も波風をしのぐにはこういうところではないかという、波消しの狭い個所を、餌がなくなるまで攻めてみました。


釣りに関しては全くの素人で、釣果は大したことはありませんが、セイゴ20センチ程度が4匹、52センチのウナギが1匹釣れました。

CA340484_convert_20110917200957.jpg

CA340487_convert_20110917201125.jpg
セイゴ

CA340485_convert_20110917201058.jpg
ウナギとド根性ガエル

CA340487_convert_20110917201125.jpg
素人の手さばきでセイゴをおろし

CA340488_convert_20110917201235.jpg
ウナギを背開きにしました。

CA340490_convert_20110917201308.jpg
セイゴは塩焼き

CA340491_convert_20110917201337.jpg
ウナギはかば焼きで頂きました。
かわいいウナギの長焼き
うまかった!ごちそうさま
スポンサーサイト

カニ釣りの仕掛け

夏の終わりは、カニ釣りを楽しもうという週末に、台風が到来し海に出かけることができないことが多いです。自然の営みはいつも、人間の社会生活の周期に、合わせてはくれないようです。

ところで、カニ釣りには、技術的なことはあまり関係がないと思います。カニのいそうな所に、餌を入れた袋をつけた、カニをからめ捕る網を投入すれば、後はカニの方から勝手にやってきてくれるからです。無精者の私の性分には、合っていると思います。

ただし、カニのいるところへ仕掛けを投げ入れなければ、獲れませんが。
私が使っている仕掛けです。

DSCN1351_convert_20110909220527.jpg

商品名「カニ網ワイド」上州屋で450円を改造します
付属の「みかんネット」様の赤いビニールの網は、カニがハサミで鋏んだり、内側から餌のかたい部分があたったりすると、すぐに破れてダメになってしまうので、あらかじめ取ってしまいます。

DSCN1365_convert_20110909220658.jpg

100円ショップで買ったメッシュの袋2種、結束バンド、大型クリップ

DSCN1366_convert_20110909221141.jpg

「みかんネット」様の赤いビニールの網の代わりに、メッシュの袋を結束バンドで取り付けて完成

DSCN1370_convert_20110909221006.jpg

エサは煮干し、青い魚など

DSCN1367_convert_20110909220836.jpg


仕掛けに詰めて、準備完了!
いってきま~す!

友人と、カニをとってきました

私は最近まで、カニなんて高価な食べ物だし、手元でいじる時間ばかりがかかっているうちに、腹がふくれてしまって、食べる気がしないなどと思っていましたが、それなら腹を満たすほどに、自分で獲ってやれと思い立ち、昨年夏からカニを獲ってばかりいます。

今回は、友人とその子息(小4)と3人で行きました。
その日は雨模様で、生温かい夜でしたが、時折強く振りつける雨と強い風、防波堤に立つ大きな波があり、友人の小学生の息子には、少し寒くも感じた様子でしたが、印象に残る経験となったと思います。
いくつか用意したカニ釣りの仕掛けで、夕方6時半ころより9時ころまで遊びましたが、友人は次々と釣り上がるかかるカニを獲る作業が楽しいと言ってくれました。

DSCN1478_convert_20110826060150.jpg
友人の息子、たのしかったかな?

DSCN1489_convert_20110826060309.jpg
イシガニ、ムラサキガニ合計 40パイ

DSCN1490_convert_20110826061419.jpg
おまけ、タケノコメバル20センチくらいが1匹、煮つけにして食べました。ごちそうさま。

しかし全体に小さかった。また、大きなカニの取れるところを
探すぞ!

カニ釣りに行ってきました

昨年、娘の平成22年夏休みにでかけた、近場の島の浅瀬でタモ網を
持って潜って遊んでいたときに、偶然にイシガニ(ガザミの1種)を
すくい獲りました。

私は最近まで、カニなんて食いものはとても高価な食べ物だし、
食べる時間ばかりがかかって、手元でいじっている間に、腹がふくれて
しまって、食べる気がしないなどと思っていましたが、こんなに
手近に獲れるのなら、やっぱり「俺はおまえが食いたいぞー」と
こころおきなく腹を満たすほどに、自分で獲ってやれと思い立ち、
昨年は夏から年末まで週末となると海に出かけては、カニを
獲ってばかりいました.

超強力で傲慢だそうな、「マーゴン」(台風6号)の影響で風の強まり
だした知多半島の、ほぼ満月(16夜)の夜に、海に着いてすぐに
小さなメバル釣りでもしながら、カニの釣れ出す時間(干潮のあと
2時間目ぐらいからの2時間程度が釣りごろと考えています。)を
待っていましたが、この日は釣りの餌にカニが釣れ出し、いつもより
活性が高く感じられたので、干潮時刻2時間前より予定を早めて
カニ釣りを始めました。

この日の釣果は、
ムラサキガニ(イシガニと同種で裏側が紫色) 6匹
ムラサキガニ(小)             9匹
イシガニ(小)               1匹
タイワンガザミ(小)            1匹

合計17匹でした。

DSCN1371_convert_20110718120731.jpg
(裏側が紫色なのがムラサキガニ)

DSCN1372_convert_20110718120158.jpg
(上にのせてある色鮮やかなのが、タイワンガザミ)

ブクブクバケツに生かして持ち帰り、全部蒸しました。

DSCN1379_convert_20110718120335.jpg

両隣の家に4~5匹づつお裾分けをしましたが、やっぱり大きいものは
自分で食べたくなってしまいました。「いたーだーきます!」
小さなカニ混じりのお裾分けで「お隣さんご免」
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

tititomusume

Author:tititomusume
「カエルは好きですか」ブログへようこそ!
生き物の好きな娘と
食べることが好きな父との日常です。
2人は「トリコ」が好きです。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
9958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
254位
アクセスランキングを見る>>
お気に入り動画
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カーエルの予言
RSSリンクの表示