親ガモ頑張る!

吹奏楽部に入部したむすめの

早朝練習に併せて、5時起きが始まった

CA3I0884+(1)_convert_20140524100818.jpg

 早朝練習に出発~ッ!

6時半にむすめを見送ったこの朝

近所のおばちゃん達が家の前で騒いどる


訊くと、どうやら、我が家の前に流れる水路の岸で

営巣したカルガモのツガイにヒナが生まれたようで

「カラスに狙われて道路の側溝に身を潜めた

カルガモの親子に、側溝の段差を上がれないヒナが

おって、そこからでられない」

「まだ、空から狙っとるで、

カラスを追い払う」という


『我が家のニワトリの卵をくすねたり

燻製肉を盗ったカラスにも

巣に帰ればヒナがいるだろう

生存競争の自然の摂理に従うべし』とも思ったが、

見殺しにするも忍びなく、段差を上がれないヒナを

掬い上げてやろうと2本のタモ網を使って

やってみるが、草が邪魔になってうまく捕獲できない


CA3I0874_convert_20140524100722.jpg

(この草が生い茂る側溝に、身を潜めている)


と、そこへビーグル犬の散歩をする

もうひとりの近所のおばちゃんがやってきた

このおばちゃんがカルガモの親子が隠れている側溝に

犬を近づけるものだから、危険を感じたカルガモの親は

ヒナをかばおうと、側溝から飛び出し犬と向き合った

その一瞬、犬が親ガモを咥えたかに見えたが、

親ガモはこれをかわしたか?

『よかったー!すこし足をひきずってるが

血は出てないようだ!』


親ガモはいったん、その場を離れたが、

すぐに側溝のヒナのもとへ戻り

少し時間がかかったが、ヒナたちは

親ガモの後に続いて

生い茂る草を階段のように使って、

やっとのこと、側溝から脱出することに成功!!

PAP_0007_convert_20140524100840.jpg

空にはまだ、カラスが舞っていたが、

カルガモの親子は、水路の岸の茂みを隠れて歩き、

カラスが降りることのできない

水深のあるところへ、無事着水!!
(ヒナは全部で11羽)


CA3I0880+(1)_convert_20140524100753.jpg

幾多の危機を親ガモは頑張りで

切り抜けた!

ヒナ無事に育て!

スポンサーサイト

なんだ!?ありゃ~?

セイゴの数釣りに行った

いつもの釣り場は、防波堤の端が、

20メートル×20メートル位に

に切りこまれているコの字型のエリア


この時期、まだセイゴは小さいけど、

いつも仕掛けとエサがなくなるまで、

たくさん釣れる場所なのに、全然釣れないゾ!?

セイゴの群れの塊が水中で慌ただしく動き、

何匹もはねて電気浮きを揺らせては通り過ぎるノニ、

変だな、まるで何かに追いかけられているようだ?

辺りが明るくなり、ン?

CA3I0281_convert_20131020104558.jpg

なんだ!?ありゃ~?

海にカワウソ?

ウソ~!?

CA3I0281 2

よ~く見ると、長く尖ったミミズのような尻尾

体長50~60センチの巨大なネズミだ!

コの字型のエリアを、必死に首を出して犬かきで泳ぎまわり

セイゴの群れは、それにただ驚いて飛び跳ねているようダ!

フクロウや猛禽類が捕まえた獲物を、

あまりの大きさに耐えきれず、海に落としちゃったのかな~?

後で、居合わせた釣り人が向こう岸へ泳いで行ったと教えてくれた

あの泳ぎ方では、魚を捕えることはできないだろうが、

こちらも魚が釣れない理由が、腕にあると反省

するうち、ウミウのファミリーが着水

CA3I0284_convert_20131020104628.jpg

セイゴをつぎつぎと丸呑みにする。

オ~イこっちにもくれと言ってみる

CA3I0288_convert_20131020104656.jpg

以上、この日のお与え

おまけ、むすめの工作

CA3I0278_convert_20131020104055.jpg

Unicycle girl

いきもの係

我が家では、生き物のお世話は、ほぼ私がやることに
なっております。

アマガエルの「アマちゃん」

CA3I0714_convert_20120915063641.jpg

CA3I0716_convert_20120915063747.jpg

小さなチョウやハエを、モデル料として支払っています。

名古屋コーチンの「ぼくちん」
今夏の暑さも、なんとかしのいで秋が迎えられそう

CA3I0721_convert_20120915063827.jpg

最近は、なしの皮をよく食べます。

熱帯魚(シクリット系)の「くりちゃん」
いつかは鯛になりたいと言ってます。

CA3I0723_convert_20120915063933.jpg

エサはなんと金魚のエサです。
(ときどき、あまった釣り餌も食べます)

CA3I0712_convert_20120915063601.jpg

昆虫の観察もします。
(うそです、観察せずとも自然に見ることになります。
駆除もさせられます。)

そして、むすめが、お世話をする
セキセイインコの「ピーちゃん」

まるで、佐藤さんか鈴木さんくらいポピュラーな
小鳥を飼う多くのご家庭に、よくいる名前。
(知人宅にも色形がそっくりな「ピーちゃん」がいます。)

CA3I0694_convert_20120915063405.jpg

むすめとは毎晩、一緒に本を読んだり、

CA3I0693_convert_20120915063247.jpg

テレビを見たり

CA3I0708_convert_20120915063510.jpg

大好きなハコベをもらう

いきものがかり「風が吹いている」




ドジョウすくい

近くの水田の脇で、メダカを採ろうと、むすめと出かけました。

この辺りがよかろうと、タモ網ですくってみましたら、この日は、メダカはいませんでしたが、ドジョウとモエビがたくさん採れました。

CA3I0098_convert_20120513070741.jpg

CA3I0097_convert_20120513070557.jpg

ザリガニとむすめ、

CA3I0099_convert_20120513070814.jpg

CA3I0100_convert_20120513070900.jpg

トノサマガエル、このカエルは我が家の「素人の滝」が気に入らなかったのか、すぐにどこかへ行ってしまいました。

CA3I0128_convert_20120513071010.jpg

のどかな春の一日

メダカ池に暮らすカエル

我が家のメダカ池(素人の滝)に暮らす生き物です。

CA3I0048_convert_20120503092912.jpg

CA3I0039_convert_20120503092836.jpg

このカエルは、ヤナ場から連れてきた、水かきの大きなカエルです。(種類は分かりません)
冬場も我が家の池の中で見かけました。
冬眠をせずに水中で暮らしていたように思います。
子供のころに、カエルは冬に土の中で冬眠するものと、教わりましたが、水の中で冬を越すカエルがいるのか?

CA3I0045_convert_20120503093012.jpg

ヤナ場から連れてきたヌマエビ

CA3I0035_convert_20120503092940.jpg

余った釣り餌のモエビ
むすめは魚に食べられず命拾いをしたエビと呼んでいます。

CA3I0065_convert_20120503093216.jpg

CA3I0064_convert_20120503093116.jpg

八重咲きのチューリップ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
プロフィール

tititomusume

Author:tititomusume
「カエルは好きですか」ブログへようこそ!
生き物の好きな娘と
食べることが好きな父との日常です。
2人は「トリコ」が好きです。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
6269位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
184位
アクセスランキングを見る>>
お気に入り動画
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カーエルの予言
RSSリンクの表示